まずは無料相談窓口よりお気軽にご相談ください!

097-594-1199お問い合わせ
空き家を持ち続けているとこんなリスクがあります!

不審者の侵入

知らない人が入ったり、住みついたりする場となるおそれがあります。

不法投棄

通行人がポイ捨てしたり、粗大ゴミの捨て場となり、悪臭の発生の原因になることもあります。

景観の悪化

住宅街などでは手入れされてない家は非常に目立ちます。

放火、火災

空き家は放火に狙われやすく、監視の目が無い分危険です。

害虫・ネズミ被害

シロアリやネズミの被害で柱や
梁、土台が傷つき倒壊の危険性が
増加します。衛生状態の悪化から
悪臭の発生する恐れがあります。

家屋の倒壊

道路の通行を妨げたり、通行人に被害を与える可能性があります。

賠償責任

倒壊や自然災害で第三者がケガを
した場合、賠償しなければなりま
せん。

維持管理費の増大

空き家のまま年月が経つと、家全体が傷み修繕費が多く掛かります。

空き家を放置し続けると各自治体から「特定空き家」に指定されることが あります。特定空き家の判断は「倒壊の危険性がある状態」「衛生上有害な 状態」を指します。そういった「特定空き家」に指定された場合、所有者に 修繕、解体など指導、勧告、命令が行われます。従わない場合行政代執行に よる強制撤去が行われ費用は所有者が負担しなくてはなりません。

空き家対策の推進に関する特別措置法の概要>>
(国土交通省HPより)  

施設保有者賠償責任保険

所有する空き家が原因で第三者の生命や身体を害したとき、または他人の財物の破壊、汚損が発生した場合、法律上の賠償責任を負担しなければなりません。
それを保証してくれるのが施設保有者賠償責任保険です。

空き家は火災被害に遭うことが少なくありません。人がいないので管理されていないことと防衛手段が無いのが原因です。例え災害であっても燃え残った家屋の解体費は自己負担となります。こういったケースを想定すると火災保険の加入も必要となります。〔地震が原因で発生した火災は火災保険の対象外のため地震保険の加入が必要〕

<空き家の調査>

耐震強度が現行の基準を満たして
いるかわからない方はしっかり調
査することをお勧めします。

<空き家の解体>

耐震調査で危険と判断された場合
や解体をご検討されている方は無
料でお見積を致します。

<駐車場運用>

解体後に月極駐車場やコインパー
キングにする際は、導入について
サポートさせて頂きます。

<空き家の売却>

売却する場合は、取り壊し後の売
却が良いのか、そのままが良いの
か等のご提案をさせて頂きます。

<賃貸・貸店舗>

リフォームして貸したり、アパー
トやマンション経営など物件を拝
見して、ご提案をさせて頂きます。

<リフォーム>

信用できる建築会社のご紹介をさ
せて頂きます。ご紹介手数料は一
切頂きませんのでご安心ください。

<家財・粗大ごみの処分>

空き家を解体する時の不要になっ
た家財や粗大ごみは弊社のグルー
プ会社で処分の見積もりをさせて
頂きます。

<税・法律問題>

空き家に対する問題については、行政の相談窓口や弁護士に相談することをお勧めします。

埼玉県在住A 様

母が亡くなり、10 年近く空き家として放置しておりました。空き家のコンシェルさんにご相談したところ、築30 年と比較的良い物件なのでリフォームして賃貸として運用することを勧められました。以前は毎月保険だけ払っていて大変だった空き家もしっかり運用することで毎月 の家賃収入でプラスになっております。

京都府在住B 様

築80 年と古い物件で手が付けられずにいました。空き家のコンシェルさんにこのまま、税金を払い続けるのと、取り壊して土地を売るのとどちらが良いか比較してもらい、取り壊して売る方が得になることがわかりました。自分では絶対わからなかったと思います。相談して本当によかったです。

福岡県在住C 様

半年前父が亡くなりましたが、仕事が忙しく、父の持ち家だった実家を徹底的に片付けることができずにいました。空き家のコンシェルさんに今後のことを相談すると、遺品整理業者の手配をしてくださり、今後の活用方法をご提案下さいました。物件は古いですがリノベーションして住みたいという若い方もご紹介頂き、売ることを決意しました。

東京都在住D 様

生活基盤が東京にあり、孫もいます。
父母が他界して20 年近くになりますが、特定空き家指定に認定され倒壊の危険があると、県の職員から連絡ありました。その際、空き家のコンシェルさんにご相談し、行政への連絡や業者選び等すべてワンストップで行っていただき本当に感謝しております。

 
よくある質問
空き家って壊すと税金が高くなりますよね?
固定資産税の住宅用地特例措置による税金の軽減を受けることができなくなり、建物の税金は無くなりますが土地の税金は高くなります。しかし、そのまま税金を払い続けるのと、壊して土地運用をするのをまずは比べることが重要です。誰も住んでない家は劣化が早く資産価値が下がるスピードはとても早いです。資産価値が下がる上に税金はずっとかかっている状態では、非常にもったいないです。
空き家の解体を行政代執行の費用と
民間に事前に依頼するのどっちが安いですか?
行政代執行は市町村が発注するのでとても高くなります。一概には言えませんが、
約3 割~ 5 割程度、民間業者に依頼する方が安くなります。
対応エリアはどこまでですか?
また、対象エリア外でご相談に乗ってもらえますか?
対応エリアは大分県全域となっております。申し訳ございませんが大分県以外での
ご対応は一切しておりません。地域密着型のご相談窓口ですのでご了承くださいませ。
空き家の管理を御社でお願いできますか?
申し訳ございません。弊社では空き家管理は行っておりません。
空き家のコンシェルでは、空き家をそのまま管理する事ではなく、最大限に利用し運用するご相談窓口として、お客様に最適な空き家のご提案を差し上げます。
解体調査、解体する場合お見積りに
どれくらいの期間がかかりますか?
弊社グループ会社が行いますので迅速に対応させて頂きます。
約1 週間から2 週間ほどで調査を行いご提案をさせて頂きます。
リフォームや不動産管理をする際、
探すのが大変ですが全てお任せできますか?
お任せください。弊社では大分の空き家に特化したサービスを展開しております。
地場企業に精通した弊社が信用できる企業をご紹介します。ご納得いただけるまで、しっかりとご相談させて頂きます。
両親が亡くなったため空き家になったとはいえ、
自分や兄弟が生まれ育った家を壊してしまうのは抵抗があります。
ご自身やご兄弟の思い出が残る家を壊してしまうことは確かに心苦しいと思います。しかし、家を壊したり、土地を売ったりしてもご両親やご先祖と縁が切れてしまう訳ではありません。このまま放置して大切な家が朽ち果て、自分の子供たちに負の遺産として残すよりも、有効に活用したほうがご両親やご先祖の思いや存在を次の世代へ引き継ぐことに繋がるのではないでしょうか。
最近、新聞やテレビでも空き家の問題が取り上げられていますが、日本にはどれぐらいの空き家があるのでしょうか?
総務省の「住宅・土地統計調査(2013 年)」によると、全国にある空き家は820 万戸を超えていますが、その半数はマンションやアパートの賃貸物件となっています。空き家は今後も増え続け、大手シンクタンクの計算では2033年には全国の空き家率が30%に達すると報告されています。
空き家が増え続けるとどのような問題がありますか?
ドイツの研究によると、空き家率が30% を超えると人の住む町として成立しないとされています。空き家が増え、住む人がいなくなれば税収が減少し、上下水道や電気の供給、道路の整備など公共サービスが低下します。また治安が悪化し、犯罪率が高くなることも予想されます。
空き家をリフォームして人に貸したら、
売りたいときに退去してくれるか心配です。
普通借家契約の場合、賃貸契約は更新が原則となるため、正当な事由がない限り所有者から退去を申し入れることはできませんが、定期借家契約を結び期間を定めて貸すことで所有者の権利が保護されます。(双方の希望があれば再契約が可能です)
空き家を壊したいと思っていますが、
解体に掛かる費用を借りることはできますか?
大分県内の金融機関では解体や耐震改修の資金を融資するローンの取り扱いを始めました。
豊和銀行・・・ほうわ空き家解体ローン
http://www.howabank.co.jp/personal/loan/kaitai.html
大分みらい信用金庫・・・しんきん空き家解体ローン「解・体・新・所」
http://www.oitamirai.co.jp/kojin/kariru/jyutaku/shinkinkaitai.html
※ご利用は各金融機関の融資条件をご確認のうえお問い合わせください。
耐震基準を満たしているか調べたいのですが、
調査や耐震改修の補助金はありますか?
1981 年5 月以前に建てられ、現行の規準を満たさない木造住宅の耐震診断、耐震改修に掛かる費用の3分の2を補助する制度があります(上限は耐震診断が3万円、耐震改修は80 万円)
(大分県木造住宅等耐震促進事業URL:https://www.pref.oita.jp/site/taishin/mokuzoujuutaku.html)
空き家を貸す場合は、修繕費に数百万円掛かると言われました。
お金を掛けて貸すよりは空き家のままにしておいた方が良いと
思うのですが、実際はどうなのでしょうか?
確かに修繕費を掛けるより、空き家のままにしておいた方が良いと考える方が多いようです。ただ、空き家のまま放置すると固定資産税や維持管理費が掛かりますし、更に資産価値が下がり売ることを考えた場合に思ったような金額で売れないかもしれません。人に貸す場合の修繕費と家賃収入、固定資産税を計算し、どちらが将来的に良いのかを検討した方が良いと思います。
■ 新着情報

昨今、空き家問題が社会現象なっております。空き家は年数が経つにつれてどんどん資産価値が 下がっていきます。実は放置しておいたばかりに大変な損害に遭われた方も少なくありません。 そういった問題に真摯に向き合い、お客様と一緒に問題の解決を目指します。大分の空き家運用のご提案は 地場企業に精通した私たちだからこそできる仕事です。お気軽にご相談ください。

まずは無料相談窓口よりお気軽にご相談ください!

097-594-1199お問い合わせ
このページの先頭へ